農業強化へデータ集積、政府がTPP発効見据え

【共同】政府は20日、農業の競争力強化のため、気象や土壌などの関連情報を集積したデータベースをつくり、担い手や企業に開放する方針を決めた。農作業の効率化や農産物の品質向上に役立ててもらうのが狙いで、2019年4月の本格運用を目指す。環太平洋連携協定(TPP)の発効な…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年の中秋節は9月24…(09/25)

【アジアで会う】田中佑典さん プロデューサー 第221回 カルチャーで日台を結ぶ(日本)(09/25)

【アジアの果物流通最前線】品質強化で日本の消費者をつかめ 台湾マンゴー、流通現場からの提言(09/25)

三菱の住宅合弁が販売拡大へ 5年で1千億円超、地方も(09/25)

【日本の税務】外国人採用時の留意点(09/25)

日越の物流政策対話、あすハノイで開催(09/25)

和大、トヨタのHV向けにギアボックス供給か(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

三井物産の奨学生、日本留学向け壮行会(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン