農業強化へデータ集積、政府がTPP発効見据え

【共同】政府は20日、農業の競争力強化のため、気象や土壌などの関連情報を集積したデータベースをつくり、担い手や企業に開放する方針を決めた。農作業の効率化や農産物の品質向上に役立ててもらうのが狙いで、2019年4月の本格運用を目指す。環太平洋連携協定(TPP)の発効な…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾人が見たこと、感じ…(11/15)

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

Xマス団体旅行、日本は苦戦 香港株安と貿易戦が重しに(11/15)

三菱日立、火力発電所を改修 環境対策に商機、NOx6割低減(11/15)

三重県が食品加工の研究施設 タイに技術紹介、企業間連携図る(11/15)

金融向けの生体認証技術紹介 NEC、フィンテック展示会に出展(11/15)

阪急阪神不動産が住宅事業拡大 中間層取り込み、戸建てに注力(11/15)

ソウル市が日系企業を表彰 技術移転と社会貢献を評価(11/15)

【予定】15日 APEC首脳会議ほか(11/15)

三谷産業がハノイでフェア開催、140人参加(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン