• 印刷する

ワタベ、ダナンの挙式プランを販売へ

結婚式事業を手がけるワタベウェディング(京都市)は、ベトナム中部ダナン市にあるビーチリゾートを利用した挙式プランの販売を開始すると発表した。ベトナムでの販売は初めて。日本から直行便が就航し、渡航時間が5時間半と地理的にも利便性の高いダナン市でリゾートウエディングの需要を取り込む。

9月1日に販売を開始し、挙式は来年1月2日から可能となる。会場は市内の高級ビラリゾートホテル「ナマンリトリート」。列席者が証人となるスタイルの人前式で、午前式(11時から)のガーデンウエディングと午後式(4時から)のビーチウエディングの2種類を提供する。1日2組限定で、料金はライトプランが9万8,000円から(来年12月の挙式まで対象)。オプションで、ナマンリトリート内や、ダナン市から車で約30分の世界遺産の街、ホイアンでの写真撮影サービスも提供する。ワタベウェディングの広報担当者によると、当初は日本人カップル向けに販売し、ゆくゆくはシンガポールなどベトナムの近隣諸国にも販路を拡大させていきたい考え。将来的には、ベトナム国内でローカル向けの事業展開も計画しているという。

ワタベウェディングは、1953年創業の「ワタベ衣裳店」を起源とし、64年に設立された。70年代のハワイを皮切りに、海外で挙式事業を開始。2000年代に入り、日本国内でも挙式事業に参入した。今年7月16日時点で、国内の84カ所、海外の37カ所に拠点を構える。「最も人気の挙式場所はハワイで、沖縄が次ぐ。アジアではインドネシア・バリ島での挙式施行回数が最も多い」(広報担当者)という。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

薬局チェーンに変化の兆し ビングループの参入で拡大に期待(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

DHC、ベトナム企業と代理店販売契約(01/18)

中部フーバイ空港拡張、3月半ばに着工へ(01/18)

バンブー航空が就航、国内外37路線開設へ(01/18)

HCM市メトロの誤り、責任究明を指示(01/18)

コイズミ照明、HCM市に子会社設立(01/18)

電子決済MoMo、米ウォーバーグが出資(01/18)

VNPT、5年連続で20%超の増益(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン