• 印刷する

HKTSPの企業育成、5年内に500社に

香港政府系ハイテク産業団地の香港科学園(サイエンスパーク)を運営・管理する香港科技園公司(ホンコン・サイエンス&テクノロジー・パークス・コーポレーション=HKSTP)の査毅超(サニー・チャイ)董事局主席は15日、科学園内で育成する企業の数を、5年以内に500社に増やす考えを明らかにした。現在の268社から2倍近くにする。16日付香港経済日報などが伝えた。

人工知能(AI)やバイオ医薬関連の研究施設やオフィスは、5年以内に10~12カ所増設する計画。科学園内で働く人数は、現在の1万3,000人から2万人に増える見通し。

今後は研究成果の海外への売り込み方を検討し、スタートアップ企業の「ブランド化」を後押しする。ファンドとスタートアップ企業のマッチングにも力を入れる。

科学園に400億HKドル(約5,650億円)の助成金を振り向ける香港政府の今年の財政予算案については、100億HKドルを研究施設の整備や企業の育成に充てる方針を示した。このうち研究施設の整備には30億HKドルを充て、科学園の現代化を図る。残りの70億HKドルは科学園内の企業や提携会社への支援に投入する考え。AI・ロボットと、医療テクノロジーの2分野でのイノベーションプラットフォームを建設する構想もある。

現在園内で建設するビル2棟は2019年に完成する見通し。延べ床約83万4,000平方フィート(約7万7,500平方メートル)の面積に、研究施設やオフィスなどが入る。スタートアップ企業の従業員向け宿舎「創新斗室」も設計段階に入っているという。


関連国・地域: 香港
関連業種: 化学建設・不動産IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中華圏のコンサートツア…(01/22)

住宅下落継続も好転の兆し 一定幅値下がりで春に底打ちか(01/22)

週末住宅取引、新築は10カ月ぶり多さ(01/22)

上環のオフィス、スタートアップに人気(01/22)

日系イベント情報(1月2回目)(01/22)

大湾区が小売企業の商機に、利豊研究センター(01/22)

外食の太興、香港・本土に100店新設へ(01/22)

JR西日本と日本旅行、地場GOQUOに出資(01/22)

華潤電力、大湾区の新エネ事業に投資へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン