スーパー大手、上期決算は明暗 税制改革で既存店売り上げ堅調

フィリピンの小売り大手5社の2018年上半期(1~6月)決算が出そろった。スーパーマーケットや百貨店を主力とする4社では、3社が増収増益、1社が減収減益と明暗が分かれた。メトロ・リテール・ストアズ・グループ(MRSGI)は、年初に起きた火事によりセブ市の店舗を一時…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国内たばこ最大手、紙巻き事業中止を検討(16:38)

ジョリビー、世界上位目指し北米出店を加速(16:23)

西ミンドロで一大ダイビングスポット開発(16:23)

テイクオフ:レシートと釣り銭の確認…(11/20)

日立のフィリピン人実習生が帰国、現行制度に問題(11/20)

消費拡大受け小売7社好調 売上高12%増、地方取り込みへ(11/20)

改正会社法が下院通過、来年1月の施行目標(11/20)

政府、パプアニューギニアと経済協力拡大(11/20)

イオンクレジット、保証社債21億円を発行(11/20)

19日為替:$1=52.570ペソ(↑)(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン