国造りに活路、隣国から移転 パクセー特区戦略(下)企業の思い

ラオス南部チャンパサック県パクセーの「パクセー・ジャパン日系中小企業専用経済特区(PJSEZ)」には、日本市場の縮小で海外に活路を求めたり、賃金上昇でタイから移転したりと、さまざまな事情を抱えた企業が進出している。特区にかける思いを、開発運営を担う西松建設の担…

関連国・地域: タイラオス日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

政府管理事業を規定、投資手続きなど迅速に(01/16)

Bグリム、ラオスの水力発電所に追加投資(01/16)

19年税収目標、3%増の26兆キープに(01/15)

ビエンチャン、19年は9.5%の経済成長目標(01/11)

中国系農園が環境汚染、当局が免許剥奪も(01/11)

ラオスから戦車30両返還、ロシア(01/11)

LCCスクート、ラオス便の航空券販売開始(01/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン