• 印刷する

グラブのウーバー事業買収を承認、競争委

フィリピン競争委員会(PCC)は10日、東南アジアの配車アプリ最大手グラブによる米同業ウーバーのフィリピン事業買収を条件付きで承認したと発表した。買収前と同等のサービスや料金の維持、報告書の提出などが条件となる。

PCCが提示した条件を9日にグラブが受け入れた。条件は、◇キャンセルや成約、クレームへの回答時間といったサービスの質の維持◇料金体系の透明性確保◇運賃の維持◇運転手が目的地によって予約を拒否できる制度の廃止◇四半期ごとの報告書の提出──など。条件の順守については、第三者委員会がモニターする。条件に違反した場合、1件に付き最大200万ペソ(約417万円)の罰金を科す。

PCCのバリサカン委員長は、「条件を順守することは、公正競争法の範囲内で営業活動を行うことにつながる」とコメントした。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに3379人、計12万2754人(08/07)

GDP16.5%減、過去最悪 4~6月、「景気後退」入り(08/07)

今年のGDP5.5%減に、政府予測(08/07)

比のコロナ感染者、東南ア最多に(08/07)

コロナ感染新たに3561人、計11万9460人(08/07)

フィリピンが破棄、コメ15万トンの輸入合意(08/07)

コロナ対策法案第2弾、下院の第2読会通過(08/07)

マカティ市、プール方式のコロナ検査実施へ(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン