• 印刷する

テイクオフ:世界的な音楽家3人が審…

世界的な音楽家3人が審査員を務める国際的な音楽コンクールが香港で開催された。コンクール本選と、審査員による公開授業の聴講。この2日分のチケットが、日本円にして2,500円足らずという安さに即購入を決めた。

コンクールには世界各地の若手音楽家が参戦。若手とはいえ劇場付きの専属音楽家など、プロとして活動する人も多数で、聴きごたえは十分。欧州の出場者が入賞を多く占める中、アジアからは唯一北京の出場者が入賞した。

西洋音楽の分野では、アジアの中ではまだ日本が先進国だと思っているが、他のアジアの国々のレベルが急速に上がっている。上昇志向も強く、アジア各国から何人も出場する中、日本からの出場者は1人だけだった。それでも、日本人の演奏が最も丁寧でそつがないと感じた。北京の入賞者は中国音楽を感じさせる滑らかさが印象的だった。(保)


関連国・地域: 中国香港日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ぜいたく品購入意欲衰えず 景気悪化も、香港・本土とも旺盛(01/24)

周大福の19年3月期、既存店売上高は伸び予測(01/24)

マカオの18年旅行者、過去最高の3580万人(01/24)

カジノ収入、4Qは9%増=VIP伸び鈍化(01/24)

永安旅遊、18年業績は「過去6年で最良」(01/24)

マカオ空港旅客数、19年は870万人目標(01/24)

新ETC導入へ、全トンネル・道路に=政府(01/24)

テマセク、スタンチャートへの圧力強化か(01/24)

小幅反発、通信銘柄が高い=香港株式(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン