• 印刷する

豪富士通、ドローンとAIを植物保護に活用

富士通オーストラリアは、ニューサウスウェールズ(NSW)州で絶滅の恐れがある植物の生息を、自社製AI(人工知能)技術を活用して特定するプロジェクトが成功したと発表した。

同社によると、NSW州によるデジタル・オウル・プロジェクトの一環で、シドニーから北西に約250キロ離れたゴールバーン国立公園内の低木林地において、絶滅危惧種の植物の生息をドローン技術や富士通の高性能サーバー、AIによるビデオ分析技術を活用して分析。生息地の特定に成功したという。

同社は、これまでヘリコプターから人が目視で確認していた既存データと、同プロジェクトの分析結果が一致したことで、同社の手法が絶滅危惧種の生息の特定に有効であることが検証できたとしている。同社はまた、ヘリコプターで探索する場合より、チャーターや燃料にかかるコストや排気量の削減に貢献できるとしている。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:大きな作り付けの戸棚を…(08/21)

ターンブル首相、求心力急低下 ダットン内務相を担ぐ動きも(08/21)

豪の外資系企業、労働者の1割雇用で高給与(08/21)

電通、シドニーの新興企アミカスを買収(08/21)

農林水産省、NSWと協力視野に会談(08/21)

VIC政府、太陽光パネルに12億$超補助へ(08/21)

QLD資源産業、1時間に1件雇用創出(08/21)

FMG、鉄鉱石値下がりで18年度は58%減益(08/21)

<外務省人事>駐豪公使に大村周太郎氏(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン