• 印刷する

《知財》特許庁、外国企業の出願を簡素化

外国企業が韓国特許庁の特許や商標を出願する際の手続きが簡素化される。

特に日本企業のように印鑑を使う習慣のない欧米企業が韓国に拠点をもたない場合、出願の際に提出する弁理士への英文委任状の署名者が、当該法人の代表者と異なるケースが多い。その場合、外国企業はこれまでは署名権限の有無を確認するための公証提出が求められたが、10日以降は不要になる。

外国企業から「(韓国とは)署名に対する文化が違う」として改善を要求する声が挙がっていたという。


関連国・地域: 韓国日本米国欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:過去問をひたすら解く毎…(07/17)

サムスンは迂回輸入で調達か トップ帰国、輸出規制に備え(07/17)

フッ化水素の国産品テスト、半導体大手2社(07/17)

現代自、EV事業に200億ルピーの投資計画(07/17)

経産相が韓国主張に不快感、「事実と違う」(07/17)

現代自、1~6月の販売9%増(07/17)

三菱重資産売却「早期に」、回答期限超過で(07/17)

韓国経済団体が日本に意見書、輸出規制で(07/17)

ロッテ会長が日本出張から帰国、対応に注目(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン