• 印刷する

《知財》特許庁、外国企業の出願を簡素化

外国企業が韓国特許庁の特許や商標を出願する際の手続きが簡素化される。

特に日本企業のように印鑑を使う習慣のない欧米企業が韓国に拠点をもたない場合、出願の際に提出する弁理士への英文委任状の署名者が、当該法人の代表者と異なるケースが多い。その場合、外国企業はこれまでは署名権限の有無を確認するための公証提出が求められたが、10日以降は不要になる。

外国企業から「(韓国とは)署名に対する文化が違う」として改善を要求する声が挙がっていたという。


関連国・地域: 韓国日本米国欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

韓国の競争力、世界で15位=WEF(15:55)

現代自が新ジプニー披露、商用車販売を強化(20:25)

サムスン、カナダに7カ所目のAIセンター(15:55)

現代自、仏2社と燃料電池車などで協力(17:02)

化粧品ODM韓国コルマー、中国に第2工場(16:39)

テイクオフ:17年も待ちました——…(10/17)

東レがフィルター合弁設立 空気清浄機用、アジア需要に対応(10/17)

韓進会長が在宅起訴、裁判では実刑判決も(10/17)

現代タインコン「グランドi10」がリコール(10/17)

18年連続で満足度1位、韓国富士ゼロックス(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン