• 印刷する

新会計年度の財政赤字、過去7年で最大に

ミャンマーで10月から始まる新会計年度の2018年度(18年10月~19年9月)の財政赤字は4兆9,030億チャット(約3,774億円)となり、過去7年間で最大になる見通しだ。ミャンマー・タイムズ(電子版)が8日伝えた。

ソー・ウィン計画・財務相が23日連邦議会に提出した18年度予算によると、税収を含む歳入は20兆510億チャット、歳出は24兆9,540億チャットで、4兆9,030億チャットの財政赤字となる。

経済専門家らは、財政赤字の拡大はさらなるインフレを招き、企業や国民に打撃を与えると警告。政府に対して、インフレ率やチャット安、景気低迷などの問題とともに財政赤字縮小に向けた対策を講じる必要性を指摘している。

経済評論家アウン・コー・コー氏は「連邦議会は、各省庁の予算を個々に精査し、可能な限り支出削減に取り組むべき」と指摘。対米ドルのチャット安が進行して輸入コストが上昇していることに言及し、貿易赤字を減らすためにさらなる輸出拡大に取り組むべきとも述べた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

難民キャンプで火災、ロヒンギャ6人死亡(21:36)

アリババ系が初の大型販促 「独身の日」でEC市場拡大狙う(10/22)

健康、教育分野の新興企業に投資=TVP(10/22)

大統領介入、イレブン記者は解放の方向か(10/22)

UEHRD1年で組織強化促す、スー・チー氏(10/22)

英政府と蘭の飼料会社、養豚業の振興支援(10/22)

政府、数年内に対GDP税収率15%目指す(10/22)

来月7日がディワリで国民の休日に(10/22)

国連特使、北部カチン州の難民キャンプ視察(10/22)

バガン伝統工芸の馬毛漆器、絶滅の危機(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン