• 印刷する

食品・飲料の展示会、HCM市であすまで

食品・飲料や包装、加工機械などの国際展示会「ベトフード&ベバレッジ―プロパック2018」が、ホーチミン市7区のサイゴン展示会議センター(SECC)で開催されている。ベトナム国内や台湾、韓国、中国、タイ、インドなど21カ国・地域からおよそ500社が出展している。開催期間はあす11日まで。

ホーチミン市で開催中の「ベトフード&ベバレッジ―プロパック 2018」。保冷剤を紹介するトライ・カンパニーのブース=9日

ホーチミン市で開催中の「ベトフード&ベバレッジ―プロパック 2018」。保冷剤を紹介するトライ・カンパニーのブース=9日

日本からは、保冷剤などを製造・販売するトライ・カンパニー(静岡県沼津市)が出展した。同社は2000年から積極的にアジアに展開してきた。これまでに韓国やタイ、台湾で工場を設立し、現地生産を開始している。昨年1月から日本で研修を受けたベトナム人スタッフが当地でのマーケティングを担当。海外事業を担当する山梨博郎専務は「ベトナムは現在リサーチ段階だが、将来的な工場の設立も見据えて注力している市場。まずは、信頼できるビジネスパートナーをみつけたい」と話した。

また、「日立ラップ」を展開する日立化成は来月、ベトナムで家庭用ラップの販売を試験的に開始するという。「ベトナムは、市場規模の大きさや購買力の高さで注目している。イベント期間中も食品加工業者らの関心は高いと」と話した(日立化成アジアパシフィックの中後水緒氏)。抗菌機能のラップや日本製の品質で勝負したいと意気込んだ。

そのほか、ベトナムで1997年に創業し、みりん原料白酒および本みりん・料理酒などを製造・輸出する日系のワインフードも出展した。試食コーナーを設け、ベトナム人に日本の調味料をアピールした。現在、ホーチミン市7区にある工場で製造している同社の製品の75%は輸出が占めるという。「昨今の日本食ブームを受け、今後はベトナム人への認知度もあげていきたい」(販売元2Mの担当者)と話した。

商工省傘下のベトナム・ナショナル・トレードフェア・アンド・アドバタイジング(VINEXAD)が主催する同展示会は、今回で22回目。昨年はおよそ1万7,000人が来場した。日系企業の出展は少なく、韓国や台湾などの企業が目立った。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 食品・飲料その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

車両検査事業の独立性を確保=新政令(10/16)

韓国路線好調のベトジェット、新路線開設へ(10/16)

EUと越の木材貿易協定、カンボジアは反発(10/16)

ノイバイ空港、50年に1億人受け入れを検討(10/16)

鉄鋼ホアファット、1~9月の販売量7%増(10/16)

ポスコVST、地場タンナムに勝訴(10/16)

配電設備の河村電器、ベトナム工場の開所式(10/16)

ハノイ、ドゥオン川浄水場の第1期完成(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン