首都オフィス需要が過去最高 上期で前年通期越え、コリアーズ

米系不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナル・フィリピンは8日、マニラ首都圏の2018年上半期(1~6月)の新規オフィス需要が64万1,000平方メートルとなり、17年通年の63万8,000平方メートルを超えたと発表した。トランプ米大統領の「米国第一主義」により、17年に拡…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

GDP予測に異例の批判 財務省、エコノミストは静観(08/16)

日本郵船、電子決済サービス始動へ前進(08/16)

輸入セメントの関税率、4割引き上げ検討(08/16)

運輸省、新マニラ空港建設に落札通知(08/16)

酒・たばこ増税法案、下院で可決(08/16)

MRT3号線の乗客26%減、4年ぶり低水準(08/16)

電力公社の債務、利用者への転嫁廃止に(08/16)

6月の海外送金受取3%減、10カ月ぶり水準(08/16)

米送金レミットリー、海外最大拠点を開設(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン