• 印刷する

ヤンゴン新SEZ、連邦議会に承認申請

ミャンマーの最大都市を管轄するヤンゴン管区政府が提案した開発計画によると、連邦政府は、ヤンゴン南西部でのヤンゴン経済特区(SEZ)開発について、連邦議会の承認を求める予定だ。SEZ開発は、ヤンゴン川西部の新都市開発の一環。イレブン電子版が7日伝えた。

ヤンゴンSEZは、ダラ、カウム、クンジャンゴンの3郡区にまたがる約2万エーカー(約81平方キロメートル)に開設する計画。ヤンゴン管区政府は現在、同SEZの開発の調整作業を進めるため、会合を重ねている段階という。

ヤンゴンSEZ開発では、カウム郡区での工業団地開発、深海港(対象面積500エーカー)の設置、ダラ、クンジャンゴン、カウムの3郡区での水産資源開発(同1万エーカー)などが計画されているほか、ヤンゴン中心部とダラ郡区を結ぶ「ダラ大橋」の建設も予定されている。

ヤンゴン管区では、工業部門の振興、雇用創出、貿易促進、外貨の流入促進などを目的として、住宅開発、新都市計画、工業団地、ドライポート、高架道路など20件以上の開発事業が提案されているが、いくつかの事業については反対の声も上がっている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

農業の高付加価値化へ支援を 物流や人材育成、緬商議所が訴え(10/17)

国軍がFBで情報操作、迫害支持狙う(10/17)

英国、木材産業の支援を中止=難民問題で(10/17)

4~9月の貿易赤字、13億米ドルに縮小(10/17)

ヤンゴン駅周辺再開発、土地調査を開始(10/17)

食品安全基準のGAP認証、取得農家が急増(10/17)

ヨマ銀、マイクロファイナンスへの融資拡大(10/17)

国内航空各社、運賃の値上げは当面実施せず(10/17)

政府・国軍・武装勢力が和平特別会合を実施(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン