• 印刷する

日本の豪観光市場割合横ばい、目標届かず

昨年度に日本人を対象としたオーストラリア観光市場の規模が、全体の約1.7%と2009年比で横ばいとなり、2020年までに政府が掲げる大幅拡大目標を下回っていることが、ニューサウスウェールズ州のロードサービス会社NRMAの調べで分かった。一方、対中国の同市場成長率は年20%増と好調だが、大半の訪問先はシドニーとメルボルンのみとなっているという。NRMAは地方への観光客誘致で全体の底上げが必要だとしている。8日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(AFR)が伝えた。

中国人向けのオーストラリア観光市場規模は全体の約9.5%だが、中国人の海外旅行客全体のうち、オーストラリアを訪問する観光客は1%に過ぎないという。

オーストラリア観光業界は、2020年までに海外観光客の市場規模を634億豪ドル(約5兆2,453億円)規模に拡大する方針。現時点では、目標の40%の規模しか達成できていないという。NRMAは、現状を打破するために、大都市だけでなく地方への観光誘致が鍵だとしている。

■デジタル標識が肝要

NRMAのランド最高経営責任者(CEO)は、地方部への外国人観光客を増やすためには、2030年までに、車に搭載の機器と通信可能なデジタル標識の導入や道路のスマート化を行うべきと主張している。このほか、シャワーや充電施設、Wi―Fi(ワイファイ)網を設置した全国的な道路休憩所や、宿泊施設や遊歩道、ボート停泊所などを含む地方のインフラ向上、複雑な区画規制などの政策面での規制緩和の必要性を訴えた。


関連国・地域: 中国オーストラリア日本欧州
関連業種: IT・通信観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーの友人に、次の…(10/17)

三井住友FG、NSW州と覚書 シドニー西部開発で協力、邦銀初(10/17)

「両国を新ステージに」日豪経済会議が閉幕(10/17)

国家財政健全度、豪は世界4位=IMF(10/17)

中小企業の法人減税、事業成長の抑制要因に(10/17)

インドネシアFTAが頓挫も、労働党が反対(10/17)

〔政治スポットライト〕豪首相、エルサレムへ大使館移転を検討(10/17)

再生エネ庁、企業の再生エネ購入を支援(10/17)

石炭火電廃止でも電力供給は継続=AEMO(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン