産休明けのNZ首相、貿易政策の審議に着手

6月21日に第1子の女児を出産してから6週間の出産休暇を取っていたニュージーランド(NZ)のジャシンダ・アーダン首相は6日、公務に復帰後、初めて貿易と経済問題について言及し、国際貿易に関する政策審議「Trade for All(万人のための貿易)」に着手したことを明らかにした…

関連国・地域: ニュージーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

豪北部準州、中国との契約数突出(17:37)

今年のIPO、上位6銘柄は平均30%下落(17:37)

テイクオフ:オーストラリアで住宅市…(12/10)

豪州、世界最大LNG輸出国に イクシスが貢献、カタール抜く(12/10)

ヤン州煤業、ヤンコールの株式放出を検討か(12/10)

SA州の蓄電施設、初年度に予想上回る成果(12/10)

華為、豪経由海底ケーブルで通信傍受?(12/10)

通信アクセス法、与野党支持で可決(12/10)

〔政治スポットライト〕R&D税控除プログラム、総選挙の争点に(12/10)

Basiq、銀行取引データで自動的に融資審査(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン