首都空港の改修、7社連合が優先権取得

フィリピンのマニラ国際空港公団(MIAA)は6日、マニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の改修事業で、大手7社で構成されるNAIAコンソーシアムを優先事業者(OPS)と認定した。同事業は、2020年の旅客処理能力を現状から5割増の年間4,700万人とする計画で…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:英ロックバンド「クイー…(12/12)

過去最大の貿易赤字42億ドル 10月は輸入が100億ドル超(12/12)

東京中央日本語学院、ダバオの大学と提携(12/12)

税制改革第2弾、年内の上院通過は絶望的(12/12)

9月のFDI純流入29%減、マイナス続く(12/12)

20年後にGDP世界18位に、英社リポート(12/12)

NEDA、気候変動対策の強化を宣言(12/12)

11日為替:$1=52.770ペソ(↑)(12/12)

LCCのセブ航空、マカオ直行便を就航(12/12)

地方空港の能力増強、向こう3年間注力(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン