中国車が南米チリでトップに 輸出拡大、新興市場で存在感

中国製自動車が上半期(1~6月)、南米チリで販売シェアトップに立ったことが分かった。奇瑞、江淮、長安などの自主ブランドが地元消費者に受け入れられたことが背景。市場規模は小さいものの、欧米や日本のメーカーと競合できる余地が大きい新興国で「メード・イン・チャイナ」…

関連国・地域: 中国-全国中南米
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国内最高の高層ビル着工 中国企業、総工費1.6億ドル(08/21)

テイクオフ:中国ブランドのスマホに…(08/21)

貧困問題解決で3年計画 インフラ整備や産業発展を支援(08/21)

環旭電、ポーランドEMS会社の株式60%取得(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

デベロッパー資金、NEV投資を加速(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

本土からの予防接種旅行が増加、香港に恩恵(08/21)

自動車投資の新規定、政府が近く公布へ(08/21)

元太、上海バス停に電子ペーパーディスプレー(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン