• 印刷する

商業省、中国企業に農業投資を要請

カンボジアのパン・ソラサック商業相は、中国湖南省を拠点とするグローバル・エコロジカル社に、カンボジアの農産品の輸出工場への投資を要請した。クメール・タイムズ(電子版)が6日伝えた。

同社のヤン・グオピング会長は、北西部バッタンバン州の精米所と、同シエムリアップ州や南部シアヌークビル州における投資の可能性を検討するため、カンボジアを訪問した。

パン・ソラサック商業相は「カンボジアはコメ、マンゴー、ロンガン、トウモロコシ、キャッサバなどの輸出に関して潜在性が高い」と強調。「国内市場向けおよび輸出用のコメ貯蔵・乾燥施設への投資も可能だ」と述べた。

また「シアヌークビル州には深水港があり、中国系の経済特区(SEZ)では100以上の工場が稼働している」として、同州への投資も求めた。

ヤン会長は貿易、農業、工業、観光におけるカンボジアの潜在力の大きさを認め、「11月にカンボジアを訪問予定の湖南省知事に情報を提供する」と述べた。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

コンテナ飲み屋街が閉鎖 土地代高騰、客足に陰りも(12/13)

証取所の投資家、11月時点で2万人突破(12/13)

対外債務拡大の懸念は不要、経済財政委(12/13)

アムルライス、ベトナムの新規制を懸念(12/13)

台湾系ユニオン銀、新本店ビルの落成式開催(12/13)

外国人観光客、1~10月は11.5%増(12/13)

ゴム輸出価格が下落、米中貿易戦争の余波(12/13)

国連計画と一帯一路は好機 成長後押し、中国依存には慎重論(12/12)

韓国IBK銀が支店開設、資金需要に対応(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン