• 印刷する

商業省、中国企業に農業投資を要請

カンボジアのパン・ソラサック商業相は、中国湖南省を拠点とするグローバル・エコロジカル社に、カンボジアの農産品の輸出工場への投資を要請した。クメール・タイムズ(電子版)が6日伝えた。

同社のヤン・グオピング会長は、北西部バッタンバン州の精米所と、同シエムリアップ州や南部シアヌークビル州における投資の可能性を検討するため、カンボジアを訪問した。

パン・ソラサック商業相は「カンボジアはコメ、マンゴー、ロンガン、トウモロコシ、キャッサバなどの輸出に関して潜在性が高い」と強調。「国内市場向けおよび輸出用のコメ貯蔵・乾燥施設への投資も可能だ」と述べた。

また「シアヌークビル州には深水港があり、中国系の経済特区(SEZ)では100以上の工場が稼働している」として、同州への投資も求めた。

ヤン会長は貿易、農業、工業、観光におけるカンボジアの潜在力の大きさを認め、「11月にカンボジアを訪問予定の湖南省知事に情報を提供する」と述べた。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

世界遺産地区に巨大リゾート 米系ソンサー、2.5億ドル投資(10/17)

トリドール、外食人材育成校を開校(10/17)

ユーロチャム、経済制裁に反対表明(10/17)

関税優遇措置の停止回避へ、EUと交渉(10/17)

シンガのリンペイ、仮想通貨決済に参入(10/17)

首相の長男、反政府勢力は「国益の損害」(10/17)

過積載車両の検査で汚職、職員14人を解雇(10/17)

アジア投資「欧州流」強調、中国意識(10/17)

4~6月の経常赤字43%増 8.1億ドル、3四半期連続の拡大(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン