• 印刷する

上半期のPM2.5濃度、苗栗の増加幅最大

台湾の行政院環境保護署(環保署)がまとめた各県市の微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)に関する統計によると、上半期(1~6月)は苗栗県が前年同期比4.2マイクログラム増の22.8マイクログラムとなり、増加幅が県市別で最大となった。

中央通信社が伝えた。このほか連江県が2.9マイクログラム増の24マイクログラム、新竹市が2.7マイクログラム増の21.2マイクログラムと大気汚染が進んだ。桃園市、彰化県、嘉義県、台東県の平均濃度も前年同期に比べ軒並み上昇した。

県市別で平均濃度が最高だったのは雲林県で27.8マイクログラム。以下、嘉義市(27.1マイクログラム)、南投県(27.0マイクログラム)、金門県(26.9マイクログラム)、嘉義県(26.1マイクログラム)、台南市(25.9マイクログラム)と続いた。

環保署環境監測・資訊処の張順欽処長は「降水量が非常に少なかったことや地理的な条件などが影響したのではないか」と分析した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、生産拡大に1364億元予算(17:51)

テイクオフ:「不要再一個人喝酒(も…(08/15)

台湾企業もトルコ危機に対応 現地PC価格、ドル建てに変更も(08/15)

鴻海、18年2Q純利益は5年来の低水準(08/15)

FPCの同泰、中台で生産能力増強(08/15)

元太科技、電子ラベルの世界シェア65%に(08/15)

ラクスジェン、「U7」の中国製造を停止(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

立凱電能が蓄エネ市場進出、日系企業も協力(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン