• 印刷する

交通安全を徹底、3カ年行動プラン公布

中国交通運輸省は3日、交通安全の徹底を図る3カ年行動プラン(2018~20年)を発表した。一定規模以上の道路で起きる交通事故の死者数を年平均5%減らすほか、港湾で貨物取扱量1億トンごとの事故の発生件数と事故による死者数をそれぞれ0.2件未満、0.2人未満に抑える目標を掲げた。100億元(約1,630億円)以上を投資するプロジェクト工事の事故件数と事故による死者数は、ともに年平均で2%減らす。

交通事故を減らし被害を小さくするため、問題点や弱点の洗い出しと克服に努める方針。科学技術、またインターネットと産業の融合を図る国家戦略「互聯網+(インターネットプラス)」を交通安全の確保に十分活用する。交通安全に関するインフラの整備、人工知能(AI)、知的判定、教育・研修に資金を投じる。

法の活用もポイント。交通安全の確保に資する法制を整備し、厳格に執行する方針だ。海上交通安全法、内陸水運安全管理条例、道路交通条例、都市公共交通条例といった法令の制定や改正に重点を置く。抜き打ち検査などにより、違法行為に大きな代償を伴わせる。

公式ウェブサイトやチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」、ショートメッセージサービス(SNS)などを利用したPRも積極推進する。

関係当局には毎年1月、交通安全確保に関する前年度の活動を交通運輸省安全生産委員会弁公室に報告するよう義務付けた。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

17年GDPを下方修正、成長率6.8%に(01/18)

阿里雲、空港にデータ可視化サービス提供(01/18)

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

資策会の華為製品禁止措置、早ければ5月から(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

中小企業の苦境続く 4Q指数、景況判断の100割込む(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

農産物の対中輸出額、18年は過去最高(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン