• 印刷する

テイクオフ:夏休み中に一時帰国した…

夏休み中に一時帰国した日本で、目についたニュースの一つが小学校のエアコン問題。設置の是非や自治体間で設置率に格差があることが話題になっていたが、実は台湾も同じような問題を抱えている。

大都市の台北でも、小学校のエアコン設置率は6割に満たないのが実情。背景には「エアコンは教室の必需品ではない」とする政府の方針があった。

しかし今年は5月から連日猛暑日が続くなど、台湾でも明らかに気温の上昇が起きている。政府もこれまでの方針を改め、エアコンを学校の必需品とみなすことに。これを受けて台北市の柯文哲市長が全ての学校にエアコンを設置する方針を示している。

ただ財源や電力需給への懸念などもあり、すぐに設置とはいかないようだ。日本よりもずっと長い期間、厳しい夏が続く台湾。職場のクーラーの設定温度を少しでも上げて、その分子どもたちに冷気を。(蔵)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾の政治家は選挙が終…(12/10)

最賃改定で自動化対応に需要 ヤンゴン、繊維業見本市に130社(12/10)

11月の輸出額、2年ぶり減少 対中国8%減、iPhone不振も影響(12/10)

中国からiPhone組み立て移管 台湾大手がバタムに、誘致推進へ(12/10)

TSMC、今後5年資本的支出は年120億米ドル(12/10)

聯発科技、初の5G向けチップを発表(12/10)

中華電信がゲーミング注力、光ファイバー敷設へ(12/10)

液晶パネル4社、11月は軒並み減収(12/10)

韓国の建設デウォン、越事業拡大へ資金確保(12/10)

国巨の11月売上高、貿易摩擦で前月比14.8%減(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン