• 印刷する

テイクオフ:夏休み中に一時帰国した…

夏休み中に一時帰国した日本で、目についたニュースの一つが小学校のエアコン問題。設置の是非や自治体間で設置率に格差があることが話題になっていたが、実は台湾も同じような問題を抱えている。

大都市の台北でも、小学校のエアコン設置率は6割に満たないのが実情。背景には「エアコンは教室の必需品ではない」とする政府の方針があった。

しかし今年は5月から連日猛暑日が続くなど、台湾でも明らかに気温の上昇が起きている。政府もこれまでの方針を改め、エアコンを学校の必需品とみなすことに。これを受けて台北市の柯文哲市長が全ての学校にエアコンを設置する方針を示している。

ただ財源や電力需給への懸念などもあり、すぐに設置とはいかないようだ。日本よりもずっと長い期間、厳しい夏が続く台湾。職場のクーラーの設定温度を少しでも上げて、その分子どもたちに冷気を。(蔵)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

台北にアジア初のキンプトン 個性派高級ホテル、来年は東京にも(03/22)

鴻海子会社、中国アリババ220万株を売却(03/22)

経営危機の緑能科技、債務超過で上場廃止へ(03/22)

ASUSのスマホ事業、18年は120億元の損失(03/22)

エイサー、18年の純利益は前年比9%増(03/22)

12歳以上の市民、18年は86.5%がネット使用(03/22)

南亜、12.3億元でポリ系剥離フィルムの生産増強(03/22)

高雄仁武産業園区、航空宇宙産業の集積地に(03/22)

七休一の輸送業例外規定、労働部が廃止検討(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン