前瞻基礎建設、2Q執行率は75.6%

台湾の国家発展委員会(国発会)は2日、政府が進める大規模インフラ計画「前瞻基礎建設(前瞻=展望の意味)」の予算執行状況を発表した。2017年9月から18年6月までの予算計上額は427億2,500万台湾元(約1,530億円)、執行済みの事業額は322億8,400万元で、予算に対する執行率は…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

上期の太陽光モジュール出荷、UREが首位(13:15)

テイクオフ:ようやくすみかが見つか…(08/20)

複数の内需刺激策実施へ 9月以降、補助拡大で消費促進(08/20)

鴻海系FII、中国で5Gモジュール開発(08/20)

鴻海系の鴻騰、「エアーポッズ」受注か(08/20)

TSMC、先端プロセス技術で受注拡大(08/20)

PCB泰鼎国際、タイの生産能力拡張へ(08/20)

三陽工業、電池の亜福儲能に投資(08/20)

長春集団、中国・福建省古雷区に投資(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン