• 印刷する

〔新政権〕今月15日に低所得者向け新給付金支給

マレーシア財務省は3日、今月15日から低所得層への新たな生活支援金(BSH、旧「1マレーシア・ピープルズ・エイド(BR1M)」)を支給すると明らかにした。スター(電子版)が伝えた。

今回は、22日のハリラヤ・ハジ(イスラム教の祭典)に合わせての支給で、政権交代以来2回目。支給総額は160億リンギ(約4,377億円)で、410万人が対象となる。

BSHは、対象者の銀行口座に直接振り込まれるほか、銀行口座を持たない場合は政府系貯蓄銀行バンク・シンパナン・ナショナル(BSN)の支店で現金での給付を受けられる。

BSHの支給スケジュールは旧BR1Mと同様で、月収3,000リンギ以下の世帯には1回400リンギ、月収3,001~4,000リンギの世帯には同300リンギが年3回に分けて支給される。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:以前から気になっていた…(12/13)

ペトロナス、油田閉鎖に商機 慎重と楽観にじむ3年展望(12/13)

RM=27.1円、$=4.18RM(12日)(12/13)

パナソニック、BtoB向け先端製品を発表(12/13)

韓国SKマジック、浄水器レンタルに参入(12/13)

外資製造業者、5~9月に5社が撤退(12/13)

エアアジア、米ファンドに機材売却(12/13)

ゴム輸出価格が下落、米中貿易戦争の余波(12/13)

MAHBがエアアジア提訴、PSC徴収巡り(12/13)

10月のゴム生産、前月比6.5%増(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン