• 印刷する

仁川空港発着のKTX、8月末で廃止

韓国鉄道公社(KORAIL)は、仁川空港とソウル駅間の韓国高速鉄道(KTX)の運行を8月末で終了すると発表した。仁川空港発着のKTXを利用する人が急減したため。利用客が急増する空港鉄道(AREX)の利便性を高める狙いもある。

仁川空港発着のKTXは2014年6月に開通。ソウル駅で乗り換える必要があった地方都市への移動を容易にする目的で運行が開始された。また、今年2月に開催された平昌冬季五輪で、空港から会場のある江原道平昌郡と江陵市までの交通の便を改善する目的もあった。

しかし、2017年に仁川空港発着のKTXを利用した人は1日平均3,433人にとどまった。供給座席(1万4,970席)と比べると77%が空席だったことになる。

一方、AREXは07年の開通当時、利用客が1日平均1万3,000人に過ぎなかったが、17年1月には同22万人まで急増した。9月1日からはAREXの運行本数を増やす。また、KTX光明駅の仁川空港行きリムジンバスの配車間隔を現行の20~30分より短くする。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:これまで盛んに行われた…(08/20)

韓国主要企業が軒並み減益 米中摩擦の影響拡大、先行き懸念(08/20)

現代自の中国販売、インド市場の水準に低下(08/20)

越航空、ボーイング787―10初号機を受領(08/20)

対中関税でサムスンに競争力、アップル懸念(08/20)

アップル、韓国で32万人の雇用創出(08/20)

LGディスプレー、上期R&Dが過去最大(08/20)

造船各社、高付加価値船を相次ぎ受注(08/20)

サムスン、希少疾患向けバイオ後続品開発へ(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン