• 印刷する

仁川空港発着のKTX、8月末で廃止

韓国鉄道公社(KORAIL)は、仁川空港とソウル駅間の韓国高速鉄道(KTX)の運行を8月末で終了すると発表した。仁川空港発着のKTXを利用する人が急減したため。利用客が急増する空港鉄道(AREX)の利便性を高める狙いもある。

仁川空港発着のKTXは2014年6月に開通。ソウル駅で乗り換える必要があった地方都市への移動を容易にする目的で運行が開始された。また、今年2月に開催された平昌冬季五輪で、空港から会場のある江原道平昌郡と江陵市までの交通の便を改善する目的もあった。

しかし、2017年に仁川空港発着のKTXを利用した人は1日平均3,433人にとどまった。供給座席(1万4,970席)と比べると77%が空席だったことになる。

一方、AREXは07年の開通当時、利用客が1日平均1万3,000人に過ぎなかったが、17年1月には同22万人まで急増した。9月1日からはAREXの運行本数を増やす。また、KTX光明駅の仁川空港行きリムジンバスの配車間隔を現行の20~30分より短くする。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国でもコロナ禍で家飲…(09/28)

秋夕連休前後に防疫再強化 28日から2週間、入場制限など(09/28)

新型コロナ感染、2日連続で100人下回る(09/28)

「限界企業」最多に、コロナで45%増予想(09/28)

韓国の衣料企業、中国から靴生産移転(09/28)

バイオ医薬品材料・機器、国産化に77億円(09/28)

セルトリオングループ、主力3社を合併へ(09/28)

VRで眼科検診、KTがデジタル非対面商品(09/28)

韓国GM労組、コロナでも賃上げ要求ストか(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン