教育で挑む日比の課題、労働力不足に青森の学校

【サンマニュエル共同=岩橋拓郎】少子化で若い働き手が減る日本、若者は多いが仕事が少ないフィリピン――。対照的な両国の課題を教育で改善しようと、青森県の学校法人がフィリピンで学校運営を始めた。人手不足の業種を対象に新たな在留資格を創設する日本政府の方針もにらみ、…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

韓国社の地場ソーラー株取得、競争委が承認(11:49)

テイクオフ:「隠れ家的なバー」が、…(12/10)

3QのFDI認可額は7%増 税制改革でPEZAは大幅減(12/10)

新車販売、環境厳しく来年は1桁成長か(12/10)

ミ島の戒厳令、大統領が1年間の延長要求(12/10)

11月末の外貨準備755億ドル、3カ月ぶり増(12/10)

9月卸売物価指数、3カ月ぶりに加速(12/10)

所得下位層の物価上昇率、9年ぶり水準続く(12/10)

固形ごみ処理コスト、年間1570億円に(12/10)

グラブと財閥SMが提携、スマホ決済拡大へ(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン