教育で挑む日比の課題、労働力不足に青森の学校

【サンマニュエル共同=岩橋拓郎】少子化で若い働き手が減る日本、若者は多いが仕事が少ないフィリピン――。対照的な両国の課題を教育で改善しようと、青森県の学校法人がフィリピンで学校運営を始めた。人手不足の業種を対象に新たな在留資格を創設する日本政府の方針もにらみ、…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:給料日に全額が現金自動…(08/20)

中小零細の信用リスク管理 中銀、融資促進で成長後押し(08/20)

財務省、経済区庁の「10兆ペソ貢献」は誤り(08/20)

新興エネ企業、スルー地方に原発建設を検討(08/20)

中国融資のダム事業、入札に不正=監査委(08/20)

7月の国際収支2.5億ドル、黒字に転換(08/20)

〔ミンダナオ通信〕日本、配電工事車両を納入(08/20)

アヤラ系電力会社、発電所増設前倒しへ(08/20)

建材ウィルコン、25年までに100店体制に(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン