• 印刷する

水産分野で25億円の無償資金協力、JICA

国際協力機構(JICA)は7月31日、インドネシアの海洋・水産省と、離島開発に最大25億円の無償資金協力を実施することで契約を交わした。漁港や市場の整備などを支援し、水産物の高付加価値化や島外への流通を促進する。

今回の協力案件は、河野太郎外相が6月下旬にルトノ外相と基本合意したもの。マルク州の2島と北マルク州、パプア州、アチェ州、ナトゥナ諸島の合計6島で、冷凍施設や製氷施設、関連インフラの整備などを支援する。この6島は、インドネシア政府が水産分野の開発を進めている15の離島のうちで、特に漁業開発の潜在性が高い地域とみている。

実施期間は2021年8月まで。事業完了3年後までに合計で約800隻の漁船が漁港を利用できるようにする。JICAが財政支援を行い、インドネシア政府が請負業者を選定する。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

年末年始のトラック通行規制、大臣令を公布(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

亜鉛メッキ鋼板の年産能力、来年40万トンへ(12/14)

LPG製造スルヤ、アンモニア生産を倍増へ(12/14)

電通イージス、初の女性CEOが就任(12/14)

ゴーゴープリント、インドネシア企業買収(12/14)

BPバタムの運営権限、バタム市に委譲(12/14)

クアラタンジュン港にクレーン3基が到着(12/14)

11月のセメント販売量、伸び率が大幅鈍化(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン