• 印刷する

水産分野で25億円の無償資金協力、JICA

国際協力機構(JICA)は7月31日、インドネシアの海洋・水産省と、離島開発に最大25億円の無償資金協力を実施することで契約を交わした。漁港や市場の整備などを支援し、水産物の高付加価値化や島外への流通を促進する。

今回の協力案件は、河野太郎外相が6月下旬にルトノ外相と基本合意したもの。マルク州の2島と北マルク州、パプア州、アチェ州、ナトゥナ諸島の合計6島で、冷凍施設や製氷施設、関連インフラの整備などを支援する。この6島は、インドネシア政府が水産分野の開発を進めている15の離島のうちで、特に漁業開発の潜在性が高い地域とみている。

実施期間は2021年8月まで。事業完了3年後までに合計で約800隻の漁船が漁港を利用できるようにする。JICAが財政支援を行い、インドネシア政府が請負業者を選定する。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

アジア大会で5G体験サービス、KT(16:06)

国営石油、石化TPPI親会社の筆頭株主に(17:27)

パプア州分離独立派が攻撃、将校ら2人死亡(17:05)

小売りヘロー、非食品販売の売上高が27%増(16:51)

テイクオフ:18日に待望のジャカル…(08/20)

教育と人材育成への優先配分 予算案、歳出入とも過去最大に(08/20)

EUとのFTA交渉、豪の自動車税廃止検討(08/20)

三菱自、MPV「エクスパンダー」を発売(08/20)

ロンボク島でM6.3、1人軽傷 津波なし(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン