• 印刷する

横浜ゴム、タイ国立大と天然ゴム研究で成果

横浜ゴムは7月30日、タイの国立2大学との共同研究で、天然ゴムの基になる樹液(ラテックス)の成分分析で新たなタンパク質の特定に成功したと発表した。天然ゴムの生合成への理解が深まることで、製品の品質・生産に関わる研究が加速するとしている。

横浜ゴムが共同研究しているのは、国立マヒドン大学とプリンス・オブ・ソンクラー大学の2校。2013年から実施しており、今回はマヒドン大学との研究でラテックスに含まれるタンパク質をナノレベルで分析。800種類以上のタンパク質の解析ができ、一部は天然ゴムの生合成や耐ストレス性に関係していることが分かったという。

タイヤの約30%を占める天然ゴムは、ラテックスを加工した原料。生産が東南アジアに集中しており、異常気象などで生産に影響が出る可能性があるため、横浜ゴムは安定生産に向けて研究成果を天然ゴム園の維持や発展に生かす考え。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 農林・水産その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

【ポスト軍政】初選挙の若者7百万票の行方 言論の自由や反軍政、24日投票へ(03/22)

2月の自動車生産、3%増の18.3万台(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

2月の自動車輸出、2%減の10.1万台(03/22)

自動車・タイヤ試験センター、第2期開発へ(03/22)

2月の輸出額6%増、4カ月ぶり回復(03/22)

2月の産業景況感95.6、2カ月連続上昇(03/22)

タイSCG、衛生陶器COTTOを初投入(03/22)

賃上げで工場の海外移転も=CPF(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン