• 印刷する

横浜ゴム、タイ国立大と天然ゴム研究で成果

横浜ゴムは7月30日、タイの国立2大学との共同研究で、天然ゴムの基になる樹液(ラテックス)の成分分析で新たなタンパク質の特定に成功したと発表した。天然ゴムの生合成への理解が深まることで、製品の品質・生産に関わる研究が加速するとしている。

横浜ゴムが共同研究しているのは、国立マヒドン大学とプリンス・オブ・ソンクラー大学の2校。2013年から実施しており、今回はマヒドン大学との研究でラテックスに含まれるタンパク質をナノレベルで分析。800種類以上のタンパク質の解析ができ、一部は天然ゴムの生合成や耐ストレス性に関係していることが分かったという。

タイヤの約30%を占める天然ゴムは、ラテックスを加工した原料。生産が東南アジアに集中しており、異常気象などで生産に影響が出る可能性があるため、横浜ゴムは安定生産に向けて研究成果を天然ゴム園の維持や発展に生かす考え。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 農林・水産その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:12月は一年で最も素晴…(12/12)

美的集団、エアコン投入強化 トップ3目指し日系市場に攻勢(12/12)

政党の活動解禁、民政移管の総選挙へ始動(12/12)

タイ政治を巡る動き(12/12)

エキスポの受注台数11%増、4年ぶり4万台(12/12)

マツダの11月販売、19%増の5954台(12/12)

田中精密工業、タイ工場の省力化に13億円(12/12)

EAのEV充電スタンド、年内200カ所見込(12/12)

19年の新車販売、100万台超え予測=業界(12/12)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(346)(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン