恒隆地産の18年中間期、純利益は2割増

香港の大手デベロッパー、恒隆地産(ハンルン・プロパティーズ)が30日発表した2018年6月中間期決算は、純利益が前年同期比22.4%増の46億8,900万HKドル(約663億5,000万円)だった。投資不動産の公正価値の変動を除く利益は24%減の23億1,900万HKドル。 売上高は19%減の51億5,…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

女性の出産、経済負担が重し NPO調査、住宅の狭さも影響(12/11)

新年度予算、企業支援など軸=陳財政長官(12/11)

ナガコープ社債がアジア最良、香港経済誌(12/11)

スタートアップの商品化を支援、科技園(12/11)

日系イベント情報(12月1回目)(12/11)

屯門の古紙リサイクル工場、23年稼働へ(12/11)

行列による経済損失、1年で24億米ドルに(12/11)

金融免許の申請が急増、大湾区を見据え(12/11)

4日続落、医療関連が安い=香港株式(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン