• 印刷する

革命文物の保護利用を強化、党と政府が通達

中国共産党中央弁公庁と国務院(中央政府)弁公庁は29日、中国の革命に関わる文物の保護と利用を強化する通達を発表した。習近平総書記(国家主席)が掲げる「中華民族の偉大な復興という中国の夢」の実現へ向け、愛国教育を強化していく構えだ。

通達では、史跡や文書資料などを含む革命文物について「中国共産党の栄光の歴史を凝縮している」と表現。改革開放40周年に当たる今年から中国共産党第20回全国代表大会(党大会)が開かれる2022年までは、中華人民共和国成立70周年(19年)、「小康社会」(ややゆとりある社会)の全面的な達成(20年)、中国共産党成立100周年(21年)といった大きな節目があり、革命文物の保護利用強化を通じて愛国教育を展開し、「社会主義核心価値観」を培養することが、「中国の夢」の実現につながるとの認識を示した。

保護の面では革命資料のデータベース化や、史跡管理の厳格化などを推進。利用面では博物館や大学による文物研究の奨励、革命ゆかりの地での観光振興、博物館や記念館の展示レベル向上などを掲げた。特に抗日戦争(日中戦争)に関連する史跡や記念施設、資料は、辛亥革命、五・四運動とともに保護と展示の重点対象に位置付けている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国際特許、アジアが過半数=18年出願(03/20)

テイクオフ:地下鉄に乗っているとさ…(03/20)

国内最長の橋建設、中国が2億ドル援助(03/20)

原発が4年ぶり新規着工へ 福建と広東、20年向け建設加速か(03/20)

昨年の国際特許出願、中国は2位を維持(03/20)

和平実現、想定より時間が必要=米大使(03/20)

中国銀行、商業省内に「中国デスク」設置へ(03/20)

中国企業のM&A、一帯一路沿線国で増加(03/20)

工業団地アマタ、中国企業の移転需要増予測(03/20)

ランメイ航空機、エンジン故障で引き返す(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン