• 印刷する

外国人観光客数、1~6月は13%増

カンボジア観光省は29日、1~6月の外国人観光客数が前年同期比13%増の約300万人だったと明らかにした。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

観光省は2018年通年の海外からの旅行者数を前年比12%増の620万人と予測。20年は700万人、30年には1,500万人に増加するとの見通しを示している。タオン・コン観光相は「環境に配慮しつつ観光地としての魅力を高めることに注力していく」と述べた。

カンボジアでは国内旅行者数も増加傾向にあり、観光業が国内総生産(GDP)に占める割合は12%に達している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

国連計画と一帯一路は好機 成長後押し、中国依存には慎重論(12/12)

韓国IBK銀が支店開設、資金需要に対応(12/12)

政府、1州5都市を産業開発優先区に指定(12/12)

人権NGO、縫製工場の生産ノルマに懸念(12/12)

公共事業省、水上タクシーの停泊駅増設へ(12/12)

フランチャイズ事業、法整備が必要(12/12)

首都―空港鉄道、片道運賃2.5ドルに(12/12)

財閥チップモンが新工場稼働 タイルなど製造、輸入品低減へ(12/11)

次期米国大使、民主・人権の拡大を強調(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン