• 印刷する

新国民車プロジェクトはEVで、計画策定中

マレーシア環境技術公社(マレーシア・グリーン・テクノロジー・コープ=MGTC、グリーンテック・マレーシア)は、電気自動車(EV)による新たな国民車プロジェクトの検討報告の作成を進めている。26日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

新プロジェクトは、気候変動や環境保護に対するマハティール政権の関心を反映し、EVが主軸となる見通しだ。

グリーンテックのモハド・アズマン・ザイヌル・アビディン最高経営責任者(CEO)によると、計画案はエネルギー・技術・科学・気候変化・環境省のハイレベル委員会が検討を行い、省レベルで承認を得た上で、マハティール首相に提出される運びだ。

グリーンテックは今後、国営電力会社のテナガ・ナショナル(TNB)と特別目的会社を設立し、全国に今後5~10年間でEV充電スタンドを最大1万カ所整備していく計画だ。充電スタンドは現時点で234カ所にすぎない。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

輸出額1兆リンギ、パーム油など伸び達成へ(18:46)

MYEG、インドネシアの電子政府事業強化(19:48)

テイクオフ:東南アジアのみならず世…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

電力自由化でIPPに暗雲 消費者は料金とサービスで恩恵(07/23)

スズキの四輪販売再開か、ベルジャヤが模索(07/23)

RM1=26.2円、$1=4.11RM(22日)(07/23)

外貨準備高1033億ドル、6月末から増加(07/23)

水源汚染で首都圏断水、警察が捜査へ(07/23)

ペナン空港拡張、資金調達が運営社の課題(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン