• 印刷する

ホンダ二輪、「ナビ」の18年モデル発表

「ナビ」の2018年モデル(ホンダ提供)

「ナビ」の2018年モデル(ホンダ提供)

ホンダのインド二輪法人ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)は20日、小型バイク「ナビ」の2018年モデルを発表した。一部デザインを改良したほか、新カラーを追加した。

ナビはインドの研究開発(R&D)拠点で開発。顧客の好みに合わせて自由にカスタマイズすることが可能な車種として16年に発売され、インド国内だけでなく、南米などの海外市場にも投入されている。排気量は109ccで、18年モデルは燃料計やマフラープロテクターなどのデザインを改良した。

ボディーカラーは、新色のグリーン、ブラウンを含む6色を用意した。首都ニューデリーでの販売価格は4万4,775ルピー(約7万3,000円)。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

IT業界、本年度7~9%成長 19年もAI中心に需要増=協会(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

シャオミ、決済アプリのミペイ導入(03/22)

トヨタとスズキ、協業の具体的な検討で合意(03/22)

ホンダが二輪車開発集約、中印勢と競争激化(03/22)

オラが南部州政府と提携、交通データ提供(03/22)

伊二輪ベネリ、1年半で8~9モデル発売へ(03/22)

二輪アザー、ゴドレジと充電網整備で提携(03/22)

ジェット操縦士、給与未払いで乗務拒否を警告(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン