• 印刷する

ホンダ二輪、「ナビ」の18年モデル発表

「ナビ」の2018年モデル(ホンダ提供)

「ナビ」の2018年モデル(ホンダ提供)

ホンダのインド二輪法人ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)は20日、小型バイク「ナビ」の2018年モデルを発表した。一部デザインを改良したほか、新カラーを追加した。

ナビはインドの研究開発(R&D)拠点で開発。顧客の好みに合わせて自由にカスタマイズすることが可能な車種として16年に発売され、インド国内だけでなく、南米などの海外市場にも投入されている。排気量は109ccで、18年モデルは燃料計やマフラープロテクターなどのデザインを改良した。

ボディーカラーは、新色のグリーン、ブラウンを含む6色を用意した。首都ニューデリーでの販売価格は4万4,775ルピー(約7万3,000円)。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼大手、1Qは増収増益 輸出減少も国内需要が拡大(08/17)

〔寄り道〕「インドと中国の2大国に挟まれ…(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

人気SUV車種の販売失速、ビターラなど(08/17)

二輪車TVS、フィリピンで新モデルを発売(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

スクーターレンタルのボゴ、事業拡大へ資金(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

不振のジェットエア、関連会社の売却を検討(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン