• 印刷する

豪6月の失業率、横ばいの5.4%

豪政府統計局(ABS)は19日、6月の失業率(季節調整値)が5.4%だったと発表した。前月から横ばいとなり、過去6年間での最低水準を維持した。一方、同月の雇用は5万900人増加と、ABSの予想1万6,500人を大幅に上回り、過去7カ月で最高水準となった。うちフルタイムの雇用が4万1,200人と大半を占め、パートタイムも9,700人と増加するなど、オーストラリア雇用市場の強い伸びが明らになった。

失業者数は1,100人減の71万4,100人となり、フルタイム求職者が5,100人増の50万1,900人、パートタイム求職者が6,100人減の21万2,200人だった。男女別の失業率は、男性は0.1ポイント改善で5.5%、女性は0.2ポイント低下で5.2%となった。

就業者数は5万900人増の1,257万3,600人となり、フルタイム就業者が4万1,200人増の856万5,200人、パートタイム就業者は9,700人増の400万8,400人だった。1カ月当たりの総労働時間は1,070万時間増の17億5,070万時間、労働参加率は0.2ポイント増の65.7%だった。

州別の失業率は、◆タスマニア州:5.8%(0.8ポイント改善)◆西オーストラリア州:6.1%(0.2ポイント改善)◆南オーストラリア州:5.4%(0.2ポイント改善)◆ニューサウスウェールズ州:4.7%(0.2ポイント改善)◆クイーンズランド州:5.9%(0.3ポイント改善)――だった。悪化したのはビクトリア州のみで、0.5ポイント悪化の5.6%となった。

■失業率さらに低下か

オンライン証券コモンウェルス・セキュリティーズ(コムセック)のエコノミストは、「雇用市場は安定しており、就業者数、求職者数共に高い水準にあるが、賃金上昇のためには徐々にであってもさらなる失業率の低下が必要」とした。オーストラリア連邦準備銀行(RBA)も同様の見解で、金利は引き続き据え置きとなるとみられる。

また、求人サイトのインディードのエコノミストであるピッカーリング氏は、フルタイム雇用の大幅増加について「上半期の伸び悩みと比べ、非常に良い傾向だ」と評価している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本式の生産管理を導入…(04/18)

日本ペイント、豪大手買収 豪NZ展開で収益源多様化(04/18)

RBA、失業率悪化と低インフレで利下げか(04/18)

労働党、不当廉売規制強化で緊急関税も(04/18)

豪、海外への資金振替が8%と急上昇(04/18)

豪税当局とグレンコア、秘匿特権巡り係争(04/18)

豪産ワギュウの農場、香港に月2500キロ輸出(04/18)

リオ・ティント、鉄鉱石輸出量を下方修正(04/18)

AGL、SAの銅鉱に水力発電所建設計画(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン