• 印刷する

6月貿易収支は3カ月ぶり黒字、17億ドル

インドネシア中央統計局が16日に発表した貿易統計によると、6月の貿易収支は前年同月比4%増の17億4,260万米ドル(約1,960億円)の黒字だった。3カ月ぶりに黒字に転じた。輸出額が11%増の130億米ドル、輸入額は13%増の113億米ドルだった。

輸出額の9割以上を占める非石油ガス輸出が9%伸長した。非石油ガスの主要輸出品のうち、鉱物性燃料が6%増で全体の18%を占めた。一方で電気機器、自動車類とその部品、ゴム・ゴム製品はそれぞれ2割以上減少した。

非石油ガスの輸入品目は、機械類・輸送用機器が17%、電気機器が14%を占めた。

1~6月の貿易収支は10億2,170万米ドルの赤字だった。輸出額が前年同期比10%増、輸入額が23%増となった。

主要11カ国・地域向けの非石油ガス輸出(1~6月)は、中国が34%増の123億米ドルで、輸出額、伸び率ともに最大だった。日本は米国、欧州連合(EU)に続いて4番目の81億米ドル(21%増)だった。インドが8%減で唯一のマイナス成長だった。

非石油ガス輸入額も中国が31%増の206億米ドルで最も大きく、対中国の貿易収支は83億米ドルの赤字だった。日本からの輸入額は27%増、EUが23%増だった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

宅配JNE、配送情報配信にクラウドを採用(13:05)

海洋・水産省、観賞魚の輸出拡大目指す(13:53)

テイクオフ:タクシーに乗ると、スマ…(10/17)

9月の自動車生産台数12%増 輸入4千台、20カ月ぶりの低水準(10/17)

<資料>1~9月の車種別生産台数(10/17)

来年の州別最低賃金、8.03%引き上げ決定(10/17)

来年の州別最低賃金、労組が最大25%増要求(10/17)

クロスコープ、レンタルオフィスを移転(10/17)

インドネシアFTAが頓挫も、労働党が反対(10/17)

全日空、11月12日に首都空港ターミナル移転(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン