豪国税局、利益移転で知的財産に注目

オーストラリア国税局(ATO)は、多国籍企業の利益移転の摘発を強化する方針の一環として、知的財産(IP)を海外法人に移したり、海外法人のIP利用に対して多額のライセンス料金を支払っているケースを注視している。16日付シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。 AT…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

豪の賃上げ、150万人超の女性に恩恵(18:02)

豪司法長官、行政控訴裁判所を大改革(18:02)

テイクオフ:小学6年生の娘が「ネッ…(06/30)

豪、新年度からどう変わる? 最低賃金、スーパー拠出率など(06/30)

〔政治スポットライト〕豪がEU貿易交渉再開狙い、仏と関係修復へ(06/30)

豪ライナス、中国の誘導工作活動の標的に(06/30)

〔ポッサムのつぶやき〕世界に責任ある行動、日本が豪人の信頼1位(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン