豪国税局、利益移転で知的財産に注目

オーストラリア国税局(ATO)は、多国籍企業の利益移転の摘発を強化する方針の一環として、知的財産(IP)を海外法人に移したり、海外法人のIP利用に対して多額のライセンス料金を支払っているケースを注視している。16日付シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。 AT…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアのオフィ…(04/14)

豪の企業景況感、過去最高に 給与補助金終了後も堅調見通し(04/14)

豪人の国内休暇支出、経済75億$押し上げ(04/14)

コロナで豪事業機会拡大、新規契約100億$に(04/14)

JAL、5月に成田発メルボ着便を週2運航(04/14)

カンタス国際線再開に影、ワクチン目標棚上で(04/14)

豪で2人目の血栓例、アストラワクチン関連(04/14)

3月全国求人24万件、過去12年で最高(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン