AI基盤の掘削機、現代建設機械が開発

韓国の建設機械メーカーの現代建設機械は10日、情報通信技術(ICT)と人工知能(AI)基盤の「マシンガイダンス」システムを搭載した掘削機を独自開発したと発表した。試験運転などを経て9月に発売する。 同システムは、掘削機にセンサーや制御器、全地球航法衛星システム(…

関連国・地域: 韓国
関連業種: その他製造IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

日韓商工会議所の会議が延期、徴用工判決で(15:57)

現代自が米大学と協業、モビリティー分野で(18:24)

ミニストップの現法買収、ロッテらが名乗り(18:24)

CJ、南米で飼料用アミノ酸工場を増強(18:13)

韓国、ラオスへのインフラ支援拡大へ(11/19)

テイクオフ:テイクアウトのコーヒー…(11/19)

3Dで服のサンプルを製作 東大門、ファッション業界に変化(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

10月輸出額22.7%増、操業日数増加で(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン