特恵関税、継続か停止か EU使節団が訪問、15項目を調査

欧州連合(EU)の使節団が、カンボジアに付与している一般特恵関税制度(GSP)の適用継続について判断するため、同国を訪れている。各省庁や工場などを訪問して15項目を調査。最大野党だったカンボジア救国党の解党などでEUが強い懸念を示す中、GSPの適用が停止されれば…

関連国・地域: カンボジア欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

タイ国境の検問所、官民が本格稼働を要請(02/27)

EU制裁でも中国に投資継続呼び掛け、首相(02/27)

縫製業の原料調達、政府が通関効率化を支援(02/27)

感染疑いあったクルーズ船、マニラへ(02/27)

南部港にコンテナターミナル建設、日本支援(02/26)

EU経済制裁、不動産市場に影響軽微の見方(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

首相が内閣改造視野、工業省の改編後に実施(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン