自動車リコール、上半期は計486万台

中国国家市場監督管理総局(市場監管総局)によると、今年上半期(1~6月)に実施された自動車のリコール(回収・無償修理)は109回、対象車は計486万台だった。2004年に自動車のリコール制度が開始されて以降の累計は1,657回、6,160万台となった。

上半期に実施されたリコールの不具合箇所で最も多かったのはエアバッグ・シートベルトで、全体の3割近くを占める135万台(36回)に上った。以下はブレーキ系統が134万台(7回)、エンジンが120万台(19回)で続いた。

中国では消費者の権利意識の高まりに加え、リコール関連の法整備が進んだことや政府による企業への圧力が強まっていることなどを背景に、リコールの届出が年々増加している。市場監管総局の調査が企業のリコールにつながったケースは、上半期は全体の27%に当たる131万台(29回)に上った。

この数字は例年に比べると少ないが、同局は「生産者がリコールの法定義務を履行する上での自主性と自覚が強まってきた」と指摘。消費者のクレームを受けて市場監管総局が調査を行い、メーカーのリコールにつなげた上半期の成功例としては、ホンダによるスポーツタイプ多目的車(SUV)「CR―V」のリコールを挙げた。

■自動車以外は12倍に

上半期に実施された自動車以外の消費財リコールは352回、3,625万点で、前年同期に比べ回数は40%増、点数は12倍に膨らんだ。

内訳は◇食品:53回、2,351万点◇その他交通運輸設備:31回、403万点◇電子・電気製品:73回、368万点◇家庭用日用品:13回、309万点◇文化・教育・スポーツ用品:20回、101万点◇児童用品:123回、84万点◇その他消費財:39回、7万7,000点——。

全体の85%に当たる3,065万点(304回)は当局の調査がリコールにつながっており、業者が自発的にリコールに取り組む姿勢は自動車に比べまだ弱いと言える。リコール制度が開始された16年以降、自動車以外の消費財のリコールは累計で1,080回、6,946万点に達した。

上半期に市場監管総局が消費者から受けた欠陥製品へのクレームは、前年同期比104%増の2万888件だった。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信電機食品・飲料製造一般運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ステンレスにAD調査、日本製など=商務省(12:22)

テイクオフ:「入場料120元って日…(07/23)

カー用品市場にアジアが注目 先行するタイ企業など、参入模索(07/23)

首都に新環状道路、中国が2.6億ドル支援(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

中国本土の103社ランクイン フォーチュン500社番付(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

米中戦、年末から香港経済打撃か=財政長官(07/23)

銀行の財テク商品、株式投資を解禁へ(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン