19年に大統領退任も、連邦制への憲法改正で

フィリピンの憲法委員会(Con―Com)は9日、連邦制移行に向けた憲法改正案をドゥテルテ大統領に提出した。改正案では、大統領の再選を禁ずる条項が撤廃されているものの、ドゥテルテ氏は再選の意思がないことを強調。早ければ2019年にも大統領職から退く意向を示した。議会…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

M&Aの審査期間を15日に短縮、競争委(15:49)

社会保険の加入義務、出稼ぎ労働者に負担(15:49)

豪オースタル、2千万ドルでセブ造船所拡張(14:58)

テイクオフ:「セブにいい店ないかな…(06/20)

レオパレスが日本語人材教育 同社初、日本の人材不足解消へ(06/20)

東南アの訪日者、5月は7%増の32万人(06/20)

セブ航空、新型31機を68億ドルで発注(06/20)

輸入通関の期限、荷下ろしから7日に短縮(06/20)

通信会社変更しても番号維持、来年から開始(06/20)

デジタルサービスへの信頼は5割以下(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン