• 印刷する

ソニー、スマホで高級機種を重点展開

ソニー・インディアの木村維人モバイル部門長は30日、インドでのスマートフォン(多機能携帯電話)事業について、当面は高級機種のラインアップを拡充していく考えを示した。高級機種の展開によりブランドを確立した後、普及価格帯の製品を投入する方針。

木村氏はこの日開いたスマホ「エクスペリア」シリーズの新製品発表会で、「今は高級機種を強化していく段階。その後、販売台数が稼げる普及価格帯に手を出していきたい。高級機種の展開でブランドを確立すれば、普及価格帯の製品も売りやすくなる」と戦略を語った。

東南アジアではすでに画面の大きな端末の人気が高いが、インドではスマホでゲームや映画鑑賞などを楽しむ消費者は「増え始めたばかり」(木村氏)だとして、画面サイズは今後、より重要になるとの認識を示した。

今回発表した新機種の「エクスペリアZウルトラ」はゲームや映画鑑賞などの娯楽用途を想定し、6.4インチと大型のフルHD(高精細度)画面を備える。このサイズは3月に発表した「エクスペリアZ」より3割近く大きい。基本ソフト(OS)は「アンドロイド」を搭載。8月2日の発売予定で、販売価格は4万6,990ルピー(約7万7,000円)。


関連国・地域: インド日本ASEAN
関連業種: 電機IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

印軍用機HAL、マレーシアで事務所開設(08/19)

二輪ロイヤル、350ccの新型車発売(08/19)

テイクオフ:先日、デリーを散策中、…(08/18)

新南向の収益、初の中国超え 上場企業の1Q投資、今後逆転も(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン