• 印刷する

連邦制に向けた憲法改正草案、憲法委が承認

フィリピンの憲法委員会(Con―Com)は3日、連邦制移行に向けた憲法改正草案を全会一致で承認した。法案は9日までにドゥテルテ大統領に提出し、議会での審議に進めたい考え。4日付ビジネスミラーなどが伝えた。

Con―Comは、ドゥテルテ大統領が23日に行う施政方針演説(SONA)に草案の内容を反映できるよう、9日までに最終案を大統領に提出する。改憲案は上下両院を通過した後、両院の調整を経て大統領が承認することになる。

プノ委員長は、2019年5月に実施予定の中間選挙に合わせ、憲法改正に関する国民投票を行いたい意向を示した。「国民に新憲法についての理解が浸透するまでに十分な時間がある」とコメントした。国民投票で憲法改正が支持されれば、現政権の任期満了となる22年6月30日に新憲法を施行したい考えだ。

Con―Comが提出した最終草案によると、連邦制によりマニラ首都圏に集中していた権限を地方に分散させる。現在の17地方にネグロス地方を追加し、それぞれの地方政府が経済・社会計画や土地利用、財政管理を行う。中央政府は連邦政府として、国家の安全保障や防衛、外交、連邦犯罪、司法制度などに関する権限を行使することとなる。

上院議員は各地方から2人選出され、現在の24人から36人、下院議員は297人から400人となる。また各地方は地区に細分化され、代表者を1人選出する。総議員のうち4割に当たる160人を比例代表制で選出する。

ドゥテルテ大統領は連邦制の導入を公約に掲げている。連邦制を導入するためには、1987年に制定された現行の憲法を改正する必要があり、16年末に憲法改正を検討するCon―Comを設置した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ系消費者金融、来年に顧客7割増計画(12:36)

BOI、バタンガスの油脂化学工場に優遇(12:35)

中銀が政策金利据え置き 6会合ぶり、インフレ率鈍化受け(12/14)

11月新車販売、23%減の3.1万台(12/14)

伊藤忠、ドールの果物かすでバイオガス発電(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

PEZA投資認可、1~11月は44%減少(12/14)

13日為替:$1=52.620ペソ(↑)(12/14)

マカティ地下鉄計画が始動、事業者と覚書(12/14)

バイクタクシーまだ認めず、最高裁が判断(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン