NAFTA再交渉に打撃、日本車製造見直しも

【ニューヨーク共同】カナダは7月1日、メキシコに続き米国製品への報復関税を課す。3カ国は北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を行っているが、貿易摩擦激化は協議に打撃となりそうだ。3カ国に生産拠点を置く日本の自動車メーカーは事業戦略の再考を迫られる可能性もある…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本企業、韓国で商機探る 中小企業商談会開催(18:28)

サムスン医療機器事業、ニプロに一部売却か(17:40)

ソフトバンク、中国企業向けファンド設立(18:28)

テイクオフ:「どこから来たんだい」…(09/20)

介護実習生派遣を正式通達 日本への送り出し、実現近づく(09/20)

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

旬の日系ブランド多数出店 誠品の新店、“国際派”で勝負(09/20)

8月新規車両登録は25%減 現代自が前年同月比2倍超(09/20)

大麻成分入り飲料に関心、米コカ・コーラ(09/20)

インド製炊飯器を日本へ輸出 パナ、30年で累計生産1000万台(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン