NAFTA再交渉に打撃、日本車製造見直しも

【ニューヨーク共同】カナダは7月1日、メキシコに続き米国製品への報復関税を課す。3カ国は北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を行っているが、貿易摩擦激化は協議に打撃となりそうだ。3カ国に生産拠点を置く日本の自動車メーカーは事業戦略の再考を迫られる可能性もある…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スーパーホテルがSEZ進出 「おもてなし」で出張者取り込み(03/19)

連合の「指揮官にならず」、ルノー会長(03/19)

越境モバイル決済の輪を拡大 シングテル、ネットスターズと提携(03/19)

新在留資格できょう覚書締結 日比両政府、対象9カ国で先陣(03/19)

ドローンで日本のインフラ救う 地場新興エアロダインの挑戦(下)(03/19)

神鋼環境、上水道事業参入を正式発表(03/19)

テスラが小型SUV発表、来年生産(03/19)

日本企業が12.4億ドル投資計画、貿易産業省(03/19)

ヤマハ発が農業参入本格化、異業種提携(03/19)

名港海運、ハノイに子会社設立(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン