• 印刷する

テイクオフ:6月23日は国連が定め…

6月23日は国連が定める国際寡婦デー。それに合わせて、インドの東部・西ベンガル州や北部ヒマチャルプラデシュ州、南部テランガナ州などに住む女性1万人がモディ首相宛てにポストカードを送ったそうだ。

特にインドの地方では、夫を失った女性は学歴も職歴もないことが多く、中年から働きに出なければならない女性も少なくない。当地では若年層の人材開発が大規模に進められているが、寡婦に対する支援は手薄い。遺族年金などの社会保障制度もあまり整備されておらず、特に貧困層の女性は大黒柱を失った後の生活に不安がつきまとう。

ポストカード運動を主催した独身女性の権利保護を訴える団体によると、2011年の国勢調査時点で、寡婦や離婚者など計5,000万人の独身女性がいるそう。世界で女性の社会進出が進む中、インドでもこうした女性の活躍が望まれる。(鶴)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド人の友人と食事に…(03/26)

パキスタンが中古車輸入規制 スリランカは増税、日本に影響も(03/26)

鴻池運輸、印南北で自動車の鉄道輸送を開始(03/26)

現代自、小型SUVべニューを印で初生産か(03/26)

カルナタカ州、オラの営業停止処分を解除(03/26)

フィリピン航空、デリー直行便の運航延期(03/26)

冷蔵倉庫業界、5年で2100億ルピー投資予測(03/26)

印企業出資のスリランカ製油所が着工(03/26)

エアコンなど大幅値下げ、暑期の遅れが要因(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン