• 印刷する

テイクオフ:6月23日は国連が定め…

6月23日は国連が定める国際寡婦デー。それに合わせて、インドの東部・西ベンガル州や北部ヒマチャルプラデシュ州、南部テランガナ州などに住む女性1万人がモディ首相宛てにポストカードを送ったそうだ。

特にインドの地方では、夫を失った女性は学歴も職歴もないことが多く、中年から働きに出なければならない女性も少なくない。当地では若年層の人材開発が大規模に進められているが、寡婦に対する支援は手薄い。遺族年金などの社会保障制度もあまり整備されておらず、特に貧困層の女性は大黒柱を失った後の生活に不安がつきまとう。

ポストカード運動を主催した独身女性の権利保護を訴える団体によると、2011年の国勢調査時点で、寡婦や離婚者など計5,000万人の独身女性がいるそう。世界で女性の社会進出が進む中、インドでもこうした女性の活躍が望まれる。(鶴)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米レミットリー、22年に送金シェア4割へ(18:30)

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(18:25)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

エアアジア、インドにIT子会社設立(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

【人事】ユーグレナ副社長に永田暁彦氏ほか(09/21)

【訃報】奥村武平氏(元三菱油化常務)ほか(09/21)

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

テイクオフ:デリー市内で一番大きい…(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン