欧州訪問で投資誘致に成果 空港・鉄道案件前進、覚書も4件

タイのプラユット首相は20~25日に現行の軍事政権下で初めて欧州を訪問し、タイへの投資誘致を図った。とりわけタイ東部3県で開発を進める経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」の主要インフラ6案件のうち、ウタパオ空港の整備・修理・分解点検(MRO)センターや同空…

関連国・地域: タイ欧州
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(18:25)

インフラ予算、上期7千億円 総選挙前に大型PPP案件加速も(09/21)

8月の新車販売、28%増の8.7万台(09/21)

8月の新車販売(表)(09/21)

ボンバルディア、22年までに受注倍増見込み(09/21)

タイ中鉄道第2区間、来年初めに業者確定(09/21)

首都空港の旅客ビル設計、盗用疑惑も契約へ(09/21)

パナがプロジェクター投入、高級市場に照準(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

石灰製品ゴールデン、買収効果で20%増収へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン