• 印刷する

出光など資源大手、オーリゾンに広告で警告

オーストラリアの石炭・貨物鉄道会社オーリゾンが、石炭輸送量を年間約2,000万トン削減する方針を表明したことを受け、国内の資源大手各社は、オーリゾンを相手取り法廷紛争を開始する構えを見せている。また、業界団体クイーンズランド(QLD)州資源協議会(QRC)は出光を含む大手9社と共同で、全面を使ったオーリゾン向けの意見広告を全国紙オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューに掲載した。地元各紙が伝えた。

同意見広告は「オーリゾンに告ぐ(Message to Aurizon)」と題するもの。オーリゾンが「QLD州最大の輸出産業の評判をおとしめ」ており、輸送量引き下げが輸出量の減少につながり、QLD州の住民に同州政府を通して還元されるはずだったロイヤルティー(生産賦課金)が失われていることを批判している。

オーリゾンは、QLD州競争局(QCA)が昨年末、国内の石炭輸送網の独占を防止する目的で同社の売上高に上限を設けたことを不満として、輸送量の削減を決定した。これを受け、日系鉄鋼メーカーの間には、オーストラリアからの供給確保に不安が生じていることから、原料供給先の変更もやむを得ない事態に備える必要がある、との見方が広がっているもようだ。

一方、オーリゾンは「資源大手との紛争を解決すべく対話の場を設けようとしたが、拒否された」と、歩み寄りの提案が受け入れられなかったことに不満を示した。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 運輸天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本式の生産管理を導入…(04/18)

日本ペイント、豪大手買収 豪NZ展開で収益源多様化(04/18)

RBA、失業率悪化と低インフレで利下げか(04/18)

労働党、不当廉売規制強化で緊急関税も(04/18)

豪、海外への資金振替が8%と急上昇(04/18)

豪税当局とグレンコア、秘匿特権巡り係争(04/18)

豪産ワギュウの農場、香港に月2500キロ輸出(04/18)

リオ・ティント、鉄鉱石輸出量を下方修正(04/18)

AGL、SAの銅鉱に水力発電所建設計画(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン