南北が調査研究へ議論か、鉄道連結で

【ソウル共同】韓国と北朝鮮は26日、南北の鉄道連結問題を扱う分科会議を軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で開いた。国際社会の北朝鮮制裁が続く中、本格的な事業着手は難しい現状を確認した上で、将来的な事業実現に向けた調査・研究について話し合ったもようだ。…

関連国・地域: 韓国北朝鮮
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道政治


その他記事

すべての文頭を開く

6月訪日韓国人客6.5%増、大阪地震が影響(16:42)

労働時間短縮、首都圏の新鉄道工事に影響(15:42)

テイクオフ:美の基準が変わってきて…(07/19)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

5G、通信3社が同時の船出 米国勢に次ぐ商用化へ(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

現代自の1~6月販売、8%減の1.6万台(07/19)

韓国ミニストップ、売却説を否定(07/19)

公取委がコンビニ各社調査か、加盟契約巡り(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン