• 印刷する

アジア5カ国に関税引き下げ、大豆など対象

中国国務院(中央政府)関税税則委員会は26日、アジア太平洋貿易協定(APTA)の参加5カ国に対する関税率を7月1日から改定すると発表した。大豆の輸入税率を3%からゼロにするなどの税率引き下げを行う。

APTAには中国とバングラデシュ、インド、ラオス、韓国、スリランカの6カ国が参加しており、中国はパートナー5カ国からの輸入品に対する関税率を引き下げる。対象品目には農産品や化学品、医療用品、衣料、鉄鋼、アルミニウム製品などが含まれる。

中国は貿易摩擦問題を抱える米国からの輸入品に高額の報復関税を7月から課すとしており、大豆をはじめとする農産品などは国内の流通体制に及ぼす影響が懸念される。今回の関税引き下げは、品目によっては米国との摩擦による国内経済への副作用を緩和し、輸入元の多様化につながる可能性が見込まれそうだ。

詳細は同委員会弁公室のウェブサイト<http://gss.mof.gov.cn/zhengwuxinxi/zhengcefabu/201806/t20180626_2939281.html>で確認できる。


関連国・地域: 中国-全国韓国ラオスインドバングラデシュスリランカ
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

外務省、コッコンに中国海軍基地の報道否定(18:40)

豪産大麦にAD調査、商務省が開始(17:56)

テイクオフ:北京―上海高速鉄道には…(11/19)

エコカーで攻める日系 広州MS、世界初公開車も(11/19)

緯創、インドに第3工場建設(11/19)

マンダレー線車両、中国から調達を国会提案(11/19)

来年の輸出マイナスを懸念、業界団体(11/19)

保護主義を懸念、APEC首脳会議で習主席(11/19)

中国支援の鉄道整備、コンサル契約を締結(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン