• 印刷する

ジャイアント、欧州の中低価格市場に参入

台湾の自転車大手、巨大機械工業(ジャイアント)の杜綉珍董事長はこのほど開いた株主総会で、東欧に工場を建設するとともに欧州の中~低価格電動自転車市場に参入する考えを示した。工商時報が伝えた。

杜董事長によると、ジャイアントは現在中国、台湾、オランダに電動自転車の工場を持つ。うち中国工場は現地とアジアの市場に、台湾とオランダの工場は中~高価格製品を欧州市場に供給。特にオランダでは高価格帯の自転車と電動自転車を生産し、欧州で毎年約40万台を販売している。今後は東欧から欧州向けに中~低価格電動自転車を供給し、同市場でもシェアを拡大していく考え。

またジャイアントは同日、2019年第1四半期(1~3月)に上海証券取引所のA株で中国子会社の「捷安特軽合金科技(昆山)」の上場を申請する計画も明らかにした。実現すれば台湾系の自転車メーカーが海外に上場する初めてのケースとなる。


関連国・地域: 中国台湾欧州
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

国巨が約150億元を台湾投資、生産増強へ(12:17)

新型コロナの感染者、382人に(16:41)

【業界探訪】越と印を主力生産拠点に 東元電機の邱純枝董事長に聞く(04/10)

友達の1Q売上高、10年ぶり低水準に(04/10)

データセキュリティー、23年まで年21%成長(04/10)

技嘉と展碁、ノートPCレンタルで提携(04/10)

創王光電、浙江省に合弁会社設立へ(04/10)

和泰、今年の新車販売予測45万台を維持(04/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン