• 印刷する

【アジアで会う】アルディ・マウラナさん カフェオーナー 第208回 趣味のアニメで日本語を習得(インドネシア)

アルディ・マウラナ(Ardi Maulana) 1989年3月、インドネシア東ジャワ州ポノロゴ県生まれ。生まれ故郷でカフェ「コピ・アノマン(Kopi Anoman)」を営む。趣味のアニメを日本語学習の教材として使い、教科書には出てこないようなくだけた日本語を話す。「学んだ日本語を実践で使いたい」と、日本人がカフェに来店するのを心待ちにしている。

ポノロゴ県はジョクジャカルタ市の東方約110キロメートル。西南東の三方を山や丘陵に囲まれた高原の街だ。日本の外務省によると在留邦人はゼロ。観光客が多いわけでもないこの街で、日本語で気さくに話し掛けてくる人がいたら、それはアルディさんかもしれない。「となり、座ってもいいっすか」、アルディさんとはこんなやりとりがきっかけで知り合った。

アルディさんは、ポノロゴ県で今年2月にカフェ「コピ・アノマン」をオープンした。一番人気は、コーヒーを抽出せずに、粉にお湯を直接注ぎ込むコピ・トゥブラック。ヤシの樹液から作られる砂糖「グラメラ」をかじりながらすするのがお勧め。

他にも壁紙や床材などの販売・施工を手掛ける会社を運営、友人たちとは別のカフェも共同経営している。2年半ほど会社勤めも経験したが、何かと束縛されるのが性に合わなかった。「起業すれば自由。いつ働いて、いつ休むかを自分の責任で決められる」と話す。

20代半ばには、技能実習生として茨城県の自動車部品工場で約10カ月働いた。当初は特に日本に対する思い入れはなく、開業資金をためるのが主な目的だった。ところが、働くうちにだんだんと日本が好きになった。

「日本人の同僚には家族同様に接してもらった。日本でなら、会社員であってもこのまま働き続けたいなと思った」。仕事を終えて飲むビールのうまさもこの時に知った。一番思い出に残っている旅行先は、スノーボードを楽しんだ福島県。

■日本語はアニメで学んだ

アルディさんの話す日本語には、日本人同士が使うようなくだけた表現が随所に出てくる。「日本語はネットの動画で学んだ。アニメやドラマを繰り返し再生し、自動翻訳とにらめっこしながら、1シーンごとに日本語を学んでいった。インドネシア語の吹き替え版より日本語のほうが面白い。原語で理解したいというのが原動力になった」と話した。

帰国した後も週1回は勉強がてらアニメを見ている。実習生として同じ期間に日本で働いたインドネシアの友人によると、アルディさんの日本語は今も着実に上達している。「漢字とひらがな、カタカナの組み合わせなどは、インドネシア語や英語にはないので難しいけど学ぶのは楽しい」と、日本語学習そのものも楽しむようになってきている。

せっかく日本語がうまくなっても、実践の機会がないことが悩みの種だ。日常的に日本語を使うのは、チャットアプリを通じた元実習生仲間とのやり取りしかない。「物足りない」気持ちでいっぱいだという。「日本人もぜひコピ・アノマンに立ち寄ってほしい。都合がつけば僕が観光の案内もしますよ。もっともっと日本語で話したいんです」。

カフェを始めたのは、いろんな人が気軽に集まって楽しく話せる場をつくりたかったから。小学生でも気軽に立ち寄れるように、食材が高騰してもできるだけ良心的な価格に抑えている。友人が「フレンドリー」と評するアルディさんの性格に引き付けられ、客の半分は常連だ。

最もにぎわう時間帯の午後7~10時には、広い店内も満席になる。1日に50〜100人の集客がある。

経営に関わっている会社やお店をさらに拡張することで地元経済に貢献、故郷のポノロゴ県を盛り上げていきたいと話す。「まだ若いのでいろんなことに挑戦したい」と、流ちょうな日本語で夢を語った。(インドネシア版編集・多田正幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

政府、官民連携のインフラ事業を推進(13:11)

EFTAとの包括的経済協力協定を締結(18:48)

Jリソーシズ、金精錬所建設に1.3億ドル(18:36)

テイクオフ:「アンニョンハセヨ」。…(12/17)

接客コンテストで教育支援 イオンモール、専門店従業員に(12/17)

災害リスク保険、日本や後発3カ国が覚書(12/17)

11月の四輪新車販売、5%増の10万台(12/17)

ダイハツ小売り台数、1~11月は7.7%増(12/17)

1月に酒税改定、度数5%以下は15%増(12/17)

和碩、10億ドルでインドネシアに工場建設(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン