• 印刷する

JTの現地工場に太陽光パネル、東南ア最大

日本たばこ産業(JT)はこのほど、フィリピンのバタンガス州で稼働する工場に太陽光発電システムを導入した。設置業者によると設備容量は4,770キロワット(kW)で、自家消費用の屋根置き型太陽光発電システムとしては、東南アジアで最大となる。

地場ソレナジー・システムズが、JTの現地法人JTインターナショナル・フィリピンから事業を受託した。地元各紙によると、ソレナジーは、工場の屋根2万7,000平方メートルに、カナダの太陽電池モジュール世界大手カナディアン・ソーラー製の太陽光パネル1万7,040枚を設置。オーストリアのフロニウス・インターナショナル製の系統連系形インバーターとパネルを接続し、電力に変換する。

年間発電量は、4,300世帯の使用電力量に相当する650万キロワット時(kWh)。二酸化炭素の削減量は年間400万トンになるという。

JTは、同事業の投資額や設備容量などの詳細を明らかにしていない。JTはヨルダンでも、工場に太陽熱システムを導入し、製造工程に熱エネルギーを供給し、施設の冷暖房エネルギーを賄っている。同社広報担当者はNNAに対し、今後も同様の取り組みを推進していく意向を示した。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: その他製造建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

成長エンジン、徐々に地方へ 18年GDP、首都圏は5%割れ(04/26)

太陽光エグチ、アルカラ市に発電設備設置(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

太陽光発電タルラック2、電力供給を開始(04/26)

セブに社会人専門英語校、現地と日本提携で(04/26)

世銀がADBと支援すみ分けへ、比要請受け(04/26)

アヤラランド、国内初のREIT上場へ(04/26)

国営建設子会社、西ジャワ州に新工場建設へ(04/26)

アヤラ系商銀BPI、1~3月は8%増益(04/26)

起亜自、中国生産車をアフリカ・東南ア輸出(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン